富士市の富士根歯科医院は予防歯科治療を中心に診療しています

富士市 富士根歯科 求人情報 サイトマップ
ごあいさつ 医師ご紹介 院内設備 治療費用について 交通案内

インプラント

最近当院で、「インプラントとはどんなものですか?」「こちらでもインプラント治療をしてもらえますか?」
などインプラント治療に対する興味や希望を持たれる患者様が多くなってきました。
全国的にインプラント治療が認知されてきたからだと感じています。

インプラントとは、生体親和性の高いチタン製の人工歯根のことを言います。
従来は歯が失われた場合、「義歯」か「ブリッジ」という選択肢でした。そして第3の選択肢としてのインプラントは、失った歯の代わりに顎の骨に直接チタン製の人工歯根を植え込み、人工歯を被せる方法です。
インプラントは骨と強固に結合するため、義歯やブリッジにより歯ごたえのある固い食事も安心して噛むことが可能です。
また、隣の歯を削る必要もないので、周りの歯の負担を軽くします。結果的に予防歯科としてとても価値の高いものだと考えております。

インプラント治療は近年、安全で信頼性の高い治療として認知されてきていますが、その一方で、治療後の様々なトラブルも少なくありません。

当院では、インプラント治療を十分に知っていただき、理解をしていただける患者様だけにご提案させていただきたいと考えております。
インプラントは骨と強固に結合しますが異物のため、治療後のメンテナンスとご自身のホームケアを怠れば、感染して炎症を引き起こし結果的に長くもたなくなる可能性があります。
また禁煙は強く推奨されています。タバコは創傷治癒を遅らせ、症状を悪化させる恐れがあります。
そしてインプラント治療前の検査も大変重要です。
どこにインプラントを植立するか?植立するための骨の量は十分か?骨の質は適切か?全身的な疾患はないか?周囲の歯の状態は?かみ合わせる歯の状態は?など様々な検査を綿密に行う必要があります。そのためには、必ずCT撮影を行います。

当院では歯を失った場合、インプラントが必ずしも第一選択とは考えておりません。患者様と色々な方法を話し合ったうえ、納得して治療していただくことが一番だと考えております。


インプラント手術について

当院では、インプラント手術を口腔外科インプラント専門医と共同で行います。
実際の手術は粘膜(歯肉)を少し開き、インプラントを植立するための穴を開けインプラント体をその場に植立して粘膜を縫合します。
術前には痛み止めと化膿止めの薬を飲んでいただきますので、術中、術後の痛みはほとんど出ないことが多いですが、骨を削っていますので数日後に少し腫れることはあります。親知らずの抜歯よりは、術後の痛みや腫れが少ないことが多いです。


治療期間

手術後は、インプラントが顎の骨にしっかり結合するまで、約3ヶ月~6ヶ月程度の治癒期間を置きます。
インプラントと顎の骨の間に十分な結合が得られたら、綿密な型取りをし上部構造(歯の部分)を装着して治療終了となります。
治療後は、インプラントを長期に渡ってもたせるために定期的な検診とホームケアを確実に行う必要があります。


当院インプラント専門医紹介

伊藤 寛史 インプラント治療 担当
歯学博士
日本口腔インプラント専門医(専門医登録番号 第993号)
千葉県旭市出身
東京歯科大学卒
平成18年4月
東京歯科大学歯科大学千葉病院 口腔インプラント科に入局
平成23年4月
同病院大学院にて博士号(口腔インプラント学専攻)を取得
平成25年4月
同病院の非常勤講師
 趣味 釣り・サーフィン・アウトドア 


〒419-0205
静岡県富士市天間1321-1
TEL 0545-71-5765
院長ごあいさつスタッフ紹介院内設備治療費用について交通案内
Copyright(c) 富士根歯科医院 All rights reserved. produced by FARO